アーバン・ウィンドウ


 

かつて住宅のあった敷地の半分に建つ小さな集合住宅の計画。
敷地は間口が狭く細長い形をしている。一般的にそのような敷地に建つワンルームマンションでは、周辺環境のなるべくよい方向に採光面を取り合う様にユニットを並べるため、それぞれのユニットは細長く、限られた景色しか見えないことが多い。本計画では周辺環境に合わせて不自由なプランニングをするのではなく、敷地の中にそれぞれ性格の異なる3つの庭を設け、周辺環境を改善することでユニットの形状と窓の方向を自由にした。住戸は4面に窓を持ち、寺の境内・隣の屋根・隣の壁・3種の庭・共用部など、様々な内・外部環境を同時に一つの室に取込んでいる。部屋の中心は4方向の窓に同時に面し、物理的な距離として外部に最も遠い場所が、最も開かれた場所となっている。これらの住戸は共用部に対して開いて使うことも可能であり、オフィスや、複数のユニットを組合せて家族で使うことも想定されている。若者の一人暮らしだけではなく、ビルディングタイプを拡大することを試みた地域社会の貸室である。

 

設計
立花美緒設計事務所
構造
構造計画プラス・ワン
設備
総合設備計画
計画地
東京都